車を停めるために必要な駐車場の特徴を学ぼう

耐震診断の特徴

耐震診断とはどのようなものなのか

耐震診断は建築物の構造的な強度を調べるというもので、これによって地震に対する安全性を判断しています。地震が起きた際にどのくらいの被害を受けてしまうのか、倒壊などを防ぐためにおこなわれています。耐震性の低い建築物などは、耐震改修をおこなう必要があります。地域によっては耐震診断で改修が必要な場合に、耐震改修の補助金が出されるところもあります。安全の判断基準として、Is値と呼ばれている耐震指標が用いられていますが、これはSeismic Index of Structureの略でです。CT・SD値とは、鉄筋コンクリートの建物が持つ地震による水平方向の力に対して対応する強さを言います。q値とは鉄骨造の建物が持つ水平方向の力に対する強さを言います。

耐震診断の具体的な診断についてのご紹介

耐震診断には一次診断と二次診断三次診断とがおこなわれています。まずは、柱と壁の断面積と支えている建物重量などから計算がなされる方法で壁量のチェックをおこないます。次に二次診断にて壁の強さや粘りをチェックしていきます。終局耐力を計算しその階が支えている建物重量と比較されます。その他にもコンクリートの圧縮強度や建物のひび割れや漏水などどの程度老朽化してきているのかを調査する必要があります。三次診断では、柱や壁の他にも梁を考慮した診断方法が用いられています。建物の保有水平耐力を求めていく診断方法となります。耐震診断の現地調査では、目視による調査や設計図書の内容の確認、建築物の増改築や経年劣化なども確認します。